So-net無料ブログ作成

スポーツのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:スポーツ

スポーツのカテゴリ記事一覧。思わず「コレ、気にならない!?」と聞きたくなるような注目ニュースをピックアップ!ヒト、モノ、イベントなどあらゆる注目ニュースをご紹介します!

スポーツC大阪のMFで日本代表の山口蛍選手が、自身の移籍について語りました[ー(長音記号2)]来季の新ユニフォームの発表会見に出席した山口選手。当然のことながら、山口選手の去就に注目が集..

記事を読む

スポーツサッカー日本代表は、キリンチャレンジカップでホンジュラスと対戦しました[サッカー]ホンジュラスはブラジルワールドカップにも出場した、決して弱くないチームです。そのホンジュ..

記事を読む

スポーツ練習で中国の選手と激突男子フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦が中国・上海で行われました。注目はやはりソチオリンピック金メダリストの羽生結弦選手。前日のショー..

記事を読む

スポーツ日本代表にも名を連ねる、セレッソ大阪の山口蛍選手[サッカー]Jリーグで痛めた右膝の状態が思わしくなく、明日26日に手術を受けることが発表されました[がく~(落胆した顔)]事の発端は先月8月9日..

記事を読む

スポーツ韓国・仁川で行われているアジア大会のバドミントン男子でちょっとした騒動が起きています。地元韓国が有利になるように空調を操作していたのではないか」とのことです。も..

記事を読む

C大阪MF山口蛍、「残留か海外か」移籍について明言

20140210_yamaguchi_kd.jpg

C大阪のMFで日本代表の山口蛍選手が、自身の移籍について語りました[ー(長音記号2)]


来季の新ユニフォームの発表会見に出席した山口選手。

当然のことながら、山口選手の去就に注目が集まりました[目]


国内のチームからオファーが殺到しているそうですが、チームが来季からJ2に降格するとあって、海外移籍が実現しなくても他のJ1のチームに移籍するんじゃないかというウワサもありました。

山口選手といえば、その実力は誰もが認めるところ[ぴかぴか(新しい)]

今季はけがをしてしまって活躍を見ることはできませんでしたが、日本代表では”ポスト遠藤”の呼び声も高く、間違いなく次代の日本代表を背負って立つ選手ですし、C大阪ではキャプテンも務め、まさにチームの大黒柱となる選手です[サッカー]


国内のチームがこぞって獲得に乗り出しましたが、山口選手は国内の正式オファーはすべて断ったそうです。

「日本でやるならセレッソ以外考えていません」と、残留の意思を明言しました。


しかしこの「残留」は条件付き。
もし海外からオファーが来れば、挑戦したいという気持ちが強いようです。

「残留するか海外に行くか、そこはハッキリしている」

と、あらためて移籍に対する意思を示した山口選手。


現時点では海外からのオファーはまだ届いていないとのことですが、ヨーロッパの移籍市場の期限ギリギリ、2015年の1月末まで待つ意向のようです[時計]

C大阪側も、「海外移籍が実現するのであれば応援してあげたい」と親心をのぞかせ、オファーが来れば後押しすることを約束しています。


今や多くの日本人選手が活躍する海外サッカーですが、個人的には、有望な選手たちがJリーグで強くなっていく様を見たいものですね[わーい(嬉しい顔)]

本田だ遠藤だ乾だ!日本、怒濤のゴールラッシュ!!!日本vsホンジュラス

サッカー日本代表は、キリンチャレンジカップでホンジュラスと対戦しました[サッカー]
ホンジュラスはブラジルワールドカップにも出場した、決して弱くないチームです。

そのホンジュラス相手になんと6−0の大勝[exclamation×2]

前半開始早々に、コーナーキックのこぼれ球を吉田麻也選手がダイビングヘッドで押し込んで先制点!
これを口火にゴールラッシュが始まります[どんっ(衝撃)]


ゴール!ゴール!ゴール!


サッカーはゴールがすべてではありませんが、ゴールを奪わなければ勝てません。
やはり胸のすくようなゴールラッシュは気持ちのいいもんです[わーい(嬉しい顔)]

吉田選手の先制点から始まり、所属のACミランでも好調の本田圭祐選手が、クリアボールからフリーで抜け出し冷静にゴールに流し込んで追加点。

前半終了間際にはゴール前の混戦から遠藤保仁選手のミドルシュートが炸裂!
これはテレビ解説の松木安太郎さんが「ワールドクラス!ワールドクラス!」と興奮していましたが(笑)、ほんと素晴らしいゴールでした[ぴかぴか(新しい)]

後半開始早々にもゴールが生まれました。

後半から替わって入った乾貴士選手がファーストシュートで代表初ゴールを決めました[exclamation]
これは本田選手がよく見ていましたね。
オーバラップしてきた内田選手に相手DFが気をとられた瞬間にフリーで飛び出した乾選手が落ち着いて合わせました。

その後も途中交替で入った豊田選手が代表5戦目にして初ゴール!
豊田選手も日本ではなかなか生まれない大型FWとして期待大ですよね。

そして再び乾選手が追加点を挙げ、終わってみればなんと6-0の大勝!
長年言われ続けてきた”決定力不足”が解消されればいいんですが…

20141114-00010001-theworld-000-1-view.jpg

大きかった遠藤、内田、長谷部の復帰


この日は序盤からチームが機能していました。
前線からのハイプレス、全体の連動、縦への意識、アギーレジャパンになってから一番まとまっていたのではないでしょうか

サッカーは誰か特定の選手だけでどうこうできるほど甘くはありません。
しかし、たった一人の選手が絶大な影響を及ぼすのもまた事実です。

今日の日本代表にとって一番大きかったのは、アギーレ監督になってから初めて招集された遠藤、内田、長谷部、3選手の影響ではないかと思います。


ザックジャパンの時はボランチでの起用が多かった遠藤選手ですが、この日は攻撃的MFで起用されました。
試合後のインタビューで本人が「守備より攻撃してる方が楽しいんで」と言っていたように、前線でのイキイキとした積極的なプレーがいいリズムを生み出していました。

内田選手も試合を通して、何度も長い距離のオーバラップを仕掛け、相手DFを引きつけ味方がフリーになる時間を多く作っていましたし、それがゴールにつながったシーンもありました。

あまり目立つプレーではありませんが、こういった”無駄走り”(サッカー用語で”デコイラン”(おとり)と言いますが)もアシストに匹敵するファインプレーだと思いますね。


そして長谷部選手も地味ながら堅実と言いますか、アンカーのポジションでチームに安定感をもたらしました。
アンカーは非常に難しいポジションでもあります。
前に出る、後ろに下がる、ボールを取りに行く、距離をとる、
優れた判断力と豊富な経験が必要なポジションだからこそ、長谷部選手の存在は欠かせないんじゃないでしょうか。

20141114-00000107-jijp-000-2-view.jpg


遠藤、内田、長谷部、3選手は新体制で初めて招集されたワケですが、この3人の力はまだまだ必要不可欠だと、アギーレ監督も実感したのではないでしょうか。
それくらい今日は素晴らしいパフォーマンスだったと思います。


柴崎、豊田ら新戦力にも期待


遠藤や長谷部といった”ベテラン”の力を見せつけた試合でしたが、この先ずっと彼らに頼るワケにもいきません。
今日初ゴールを挙げた豊田選手もエースストライカーになれる選手だと思いますし、同じく後半から出場した柴崎選手も、安定したかなり良いパフォーマンスを見せています。

ベテランと若手がうまく融合できれば、日本代表はもっともっと強くなると思います[グッド(上向き矢印)]
今日のような6-0とかはまれでしょうが(笑)、毎回こういった気持ちの良いゲームを見たいですね[るんるん][わーい(嬉しい顔)]


ガンバレ[exclamation]ニッポン[exclamation×2]

羽生結弦、流血であわや棄権のアクシデント!【動画あり】

練習で中国の選手と激突


男子フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦が中国・上海で行われました。

注目はやはりソチオリンピック金メダリストの羽生結弦選手。

前日のショートプログラムでは精彩を欠きながらも2位につけていました。

フリーでの巻き返しを誰もが期待していましたが、
そんな中まさかの”アクシデント”が起きました。


フリーの演技が始まる前に6分間の練習があるんですが、
その練習中になんと中国の選手と大激突!

両選手ともにもんどりうって倒れ込み、あごからは流血していました。

まるで交通事故のように激しく衝突したので、脳しんとうを起こしていたと思います。
実際治療後もふらふらしていましたしね。



誰もが「棄権」と思ったその時…


羽生選手はリンクに現れ、なんと演技に入りました。
若干19歳ながら、彼のメンタルの強さには本当に驚かされます。

常識的にはありえないことだと思います。
フィギュアスケートとは、スピンやジャンプを多用し、ただでさえ不安定な足元で行う競技です。

その国際大会で脳しんとうを起こしながら臨むというのはありえないことではないでしょうか。
事実、いろいろな方面から

「休ませるべきだった」

「あまりにも無茶だ」

といった声が挙がっています


しかし、
羽生選手の演技は魂の込められた素晴らしい演技でした。

やはりダメージは大きかったのでしょう、最初の4回転ジャンプで転倒してしまい、続くジャンプでも転倒。
最後まで演技できるのかさえわからない、鬼気迫るものでした。


心を打った”涙”



実に5度、転倒しながらも連続ジャンプを決め、当初の狙い通りに得点を重ね、最後の演技者を残し暫定1位に。

その表示を見た羽生選手は、人目もはばからず号泣しました。
きっといろいろな思いが溢れ出してしまったのだと思います。

20141108-00000103-spnavi-000-1-view.jpg
画像引用元:amd.c.yimg.jp

その姿は、
”事故”の瞬間、
棄権せずにリンクに立った時、
そして”魂の演技”と、
すべてを目の当たりにしてきた会場の人達やテレビの前の人達の心を打ったに違いありません。

結果は惜しくも2位でしたが、誰もが認める、拍手を贈らずにはいられない”銀メダル”だったと思います。


羽生選手はこれからも間違いなく大活躍するでしょうね!

がんばれ!!羽生結弦!!!

【サッカー】セレッソ大阪の山口蛍が怪我悪化で手術…今季絶望

日本代表にも名を連ねる、セレッソ大阪の山口蛍選手[サッカー]

Jリーグで痛めた右膝の状態が思わしくなく、明日26日に手術を受けることが発表されました[がく~(落胆した顔)]


事の発端は先月8月9日のJリーグ、FC東京戦での負傷。
「右膝外側半月板損傷」と診断され、全治6週間の怪我を負ってしまいました。

早期復帰に向けてトレーニングを続けていましたが、一向に右膝の違和感が取れなかったために今月22日に再検査をしたところ、右膝の状態がかなり悪くなっていたそうです。

手術をするとなれば復帰はどんなに早くても2ヶ月、場合によっては半年近くかかってしまうかもしれませんね…

image.jpg


頼れるキャプテン、チームメイトも厚い信頼を寄せる


山口選手はセレッソ大阪のキャプテンも務めており、ピッチ外でもチームをまとめる重要な選手であり、ピッチ上でもボランチとして攻守に渡り大活躍しています[グッド(上向き矢印)]

日本代表でも遠藤選手や長谷部選手からポジションを奪い取るほどの成長を見せており、大きな期待を背負う若手選手だっただけに残念でなりません。

最悪の場合、来年1月に開催されるアジア杯にも間に合わない可能性もあります。
アギーレジャパンが走り出した矢先のことなので、アピールしたい気持ちももちろんあったでしょうね…


また、Jリーグでもチームは現在16位と低迷しています。
このままいけばJ2へ降格してしまうので、本人はもちろんですがセレッソ大阪としても早期の復帰が望まれます。

個人的には今の日本代表で一番好きな選手なので、一日も早く復活してほしいですね!


【アジア大会】バドミントン男子、韓国有利になるよう空調操作か

韓国・仁川で行われているアジア大会のバドミントン男子でちょっとした騒動が起きています。
地元韓国が有利になるように空調を操作していたのではないか」とのことです。
もし事実だとしたらとんでもないことですね[がく~(落胆した顔)]

私はバドミントン経験者ではないので空調による風の影響がどの程度のものなのかは分かりませんが、体育館等の室内における”風”の影響力は計り知れないものがあります。

私は学生時代バレーボールをやっていたので経験ありますが、基本的に体育館で練習する時は窓や扉は閉めきって行います。たとえ真夏でもです[あせあせ(飛び散る汗)]
夏場は特にサウナ状態になるので息苦しくなるほどですが、それでも窓は開けません。風が入ってきてしまうからです[台風]
DSCF2503.jpg

バレーボールにはサーブだったりトスだったり、風(空気抵抗)を計算に入れた打ち方やプレーが多くあります。それだけ風の影響を受ける競技でもあるということです。
単純に考えて、250グラム前後のバレーボールですらそれだけ風の影響を受けるんですから、わずか5グラム前後のバドミントンのシャトルが受ける風の影響たるやすさまじいものがあるでしょう。
topimage1.jpg

今回の騒動では様々な声が聞こえてきます。

「空調を操作してまで勝ちたいのか!」「また韓国の不正か!」
「負けた選手が弱いだけ」「証拠はない」
などなど…

確かに韓国が空調操作などの不正をしたとの証拠はありませんし、立証は難しいでしょう。
実際日本側は抗議しないらしいですし…
大会運営側の言い分としては、空調に関してはあらかじめ決められた動作をしており、試合中に意図的に操作することは不可能だとしています。
ただ、2日前に停電があったため、なるべく電力を使わないように決められたスケジュールで空調の自動ON/OFFはしていたそうです。

なるほど、そう聞けばコートチェンジなどのタイミングでたまたま空調が止まった、動いたというのがあってもおかしくない。そのON/OFF時に気流が変わり状況が大きく変わる可能性もありますね。
ただ選手たちの声を聞くと、
「こんなの他の国では経験したことがない」「あまりに不可解」「ありえない」
と一様に怒りをあらわにしています。

個人的に思うのは、試合当日のコンディション(天候)が悪いことはどんなスポーツだってあります。雨、風、雪、温度、湿度…いくらでも不利になる条件はあります。
ただ一概にどちらが有利不利とも言えません。
雨が振ってる方が有利な時もあれば向かい風の時の方がいい時もあるでしょう。
そこはやはり勝負の世界、どんなコンディションであれ結果を残すことが求められるワケです。
しかし今回の騒動はそういったことを踏まえた上でなお、納得のいかない不可解な出来事だったようです[バッド(下向き矢印)]

空調操作という不正があったのかどうかはわかりませんが、問題なのはむしろ運営・設備の方だと思います。
わずかな気流の乱れすら影響を及ぼす競技なんだから、影響が出やすい状態で空調を稼働させていたことも問題ですし、そもそもアジア大会という大きな大会で停電が起きる、停電が起きたから電力を保ために空調を間欠運転にするとかってもはや論外でしょ(笑)ちょっと呆れるレベルだと思います[パンチ][むかっ(怒り)]

確かにオリンピックなどの国際大会に比べたら規模は小さいかもしれませんが、この大会に向けて死に物狂いで努力を重ねてきた多くの選手たちに失礼なハナシだと思いませんか?

つまらない騒動など起きずに、感動の1シーンが生まれるといいですね[手(グー)]
Copyright © むっとんの「コレ、気にならない!?」 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。